小学校受験の合格は家族みんなで勝ち取ろう!

「できることなら我が子によい環境で教育を受けさせたい。」親ならばそう思うのは当然のことですが、そんな思いからか、今や都市部を中心に小学校受験を考える家庭が増えてきました。では、小学校受験を希望するにあたってどのような心構えが必要となるのでしょうか。

親の受験と言われるけれど

小学校受験はよく「親の受験」とも言われています。まだ幼稚園に通っているような幼い子供が受験するのですから、親が必然的に主導権を握ることになりますが、実際に何年も電車に乗って学校に通うのは親ではなくて子供です。ですから、受験する子ども自身に、入学を希望する小学校に行きたいと思ってもらわなければ、合格は遠のいてしまいます。そのためには、学校の運動会や行事などが見学できるようでしたら、是非参加することをおすすめします。大半が塾に通うことになるかと思いますが、その塾も体験レッスンを受けるなりして、子供にあった塾を選びましょう。決して短くはない受験勉強期間を子供ができるだけ楽しく、負担にならないように過ごせる環境づくりは合格への第一歩となります。

小学校受験のメリットと問題

小学校受験をする家庭が周りにいない場合「小さい子に受験勉強をさせるなんてかわいそう。」という声が、聞こえてくるかもしれませんが、一度受験を決めたら、親は決してブレてはいけません。確かに他の子が遊んでいる時に、我が子に勉強させなければならないのは、親としては辛いかもしれませんが、いったん合格してしまえば、エスカレーター式に大学まである学校でしたら、高校や大学受験に縛られることなく、伸び伸びと学校生活を送ることができます。高校までの学校だという場合でも、私立は面倒見のよい学校が多いので、しっかりとした大学受験対策を準備しているところがほとんどです。また、部活動も設備が整った環境で、同じメンバーと何年も目標に向かって頑張ることができます。

父親の出番も大切なカギ

さて、そんな小学校受験ですが、合格のカギとなるのは「お父さん」であったりもします。父親は普段仕事で不在がちなので、受験までの期間は、ほとんど母親が準備をすることになりますが、実は小学校受験は父親の存在がとても重要です。親子面接で面接官からどんな質問を受けても、きちんと答えられるように、普段から子供が何をやっているのかを把握しておかなければなりません。休みの日には是非一緒に勉強したり、息抜きに遊んだりして触れ合うようにしてください。子供は父親に「頑張っているね。」などと声をかけられると嬉しいものです。小学校受験は決して子供だけ、母親だけががんばっても合格に結びつくものではありません。小学校受験あh家族の問題であり、家族全員が一丸となることが、合格への近道になるのです。

「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 学校と家庭の教育方針があっているかが見られる面接では、事前の学校研究が不可欠です。 伸芽会は小学校や幼稚園受験をする子どものための幼児教室です。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 【伸芽会】が小学校受験の入試問題を徹底指導