小学校受験成功の鍵を握るのは親

大学受験なら、子供一人で受けるので、成功をするか失敗をするかもすべて子供の頑張りにかかっているといえます。しかし、小学校受験は違います。小学校受験では、親こそが合否の鍵を握っていると言っても過言ではないでしょう。ここではその理由について説明します。

子供自身で志望校選びをすることは困難だから

大学受験では、子供が自ら自分の通いたい大学を選択することができます。しかし、小学校受験ではそうしたことは基本できないと考えるべきでしょう。幼稚園児に志望校を決めることはできません。志望校選びから親がするしかないのです。無謀な志望校を選んでしまってはいけませんし、逆に簡単すぎるところを選んでしまってもいけません。自分の子供の能力に見合ったベストな学校を選択することが一番問題で難しく、そこが一番重要な部分でもあります。ですから、親が大きな鍵を握っているのは紛れもない事実なのです。まだこのぐらいの年齢の子供は、親の判断に従うしかないのです。文句も言えませんし、一生を左右する大きな決断を親が代わりにしなければならないわけです。

面接官は子供よりも親を見ている

小学校受験では、親も面接を受けることとなります。面接官は子供にも質問をしますが、主に親に話を聞くことが多くなっています。ときには非常に答えづらい質問をされることもあるでしょう。それらにすべて適切な回答をしなければなりません。小学校受験で最も難しい問題となるのが面接で、その面接を上手くこなせるかどうかは親にかかっているのです。子供の学力が合格レベルでも、親の面接での印象が悪ければ不合格になってしまうこともあります。親が足を引っ張ってしまう可能性は十分に考えられるので、要注意でしょう。教育方針からしっかりと自分の中で決めておいて、どんな質問にも的確な答えを返せるようにしておきましょう。想定質問は少し調べれば色々と出てくるので、対策あるのみですね。

そもそも受験を決めるのも親だから

そもそも、小学校受験をしたいと自発的に口にする子供はそう多くはないでしょう。小学校受験をするかどうかを決めるところから、親の判断になります。ですから、小学校受験ではやはり親こそがキーマンになるわけですね。普通に受験を回避して、自宅近くの学校に行くことはできるのです。実際、ほとんどの家庭がその道を選択しています。それなのになぜ小学校受験をするのか、親がしっかりと考えておかなければなりません。小学校の六年間は子供にとって非常に重要な時期になります。この期間にいい思い出が作れるかどうかで、子供時代に幸せだったかどうかも決まるぐらいです。その責任や問題がすべて親の肩にかかっているわけで、責任重大です。子供の意見にも耳を傾けながら、後悔をしない道を選択しなければいけませんね。